「シャンティ」はインドの言葉で「平安」を意味する。 「シャンティ」であるならばなにもいらない、完全な満足、そんな状態。普通に生活する中で、常にそうありたいものです。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ アストラル・プロジェクション
2007年10月26日 (金) 00:25 * 編集
久しぶりにマイブログに来ました。自ら遠ざかっていた。見知らぬ更新があってびっくりしたが、一ヶ月更新されないブログに載るのだという。(今は消えているはず)

漫画ついでに次の本を紹介します。
『月の光』 (Beam comix)
marginal (著), 竹谷 州史 (著)

>時代を抉る鮮烈の体外離脱フィクション、完結!
>各書評で絶賛! 韓・仏・台・独と海外でも続々刊行決定の超話題>>作!
とのことです。
marginalとは狩撫麻礼のことです。カリブ海のボブ・マーレイをもじった?ペンネームの漫画原作者『ボーダー』で私の人生も狂いました。あちら側こちら側二元のまっただ中の世間の否定。青いです。
バブルがどういう時代だったか、この漫画を読むとよく分かります。バブルの時代にあってその時代を外側から眺めているからです。絵はたなか亜希夫、うまいです。

そうそう『月の光』です。
体外離脱を正面から取り上げたまんが。
この世(世間)になじめない、作者が境界上を生きるもの「ボーダー」から、現実を超える「体外離脱」へ。
どちらも結局は日常への回帰が真のテーマか。それは目的であり前提であり、物語の中ではそこへの帰還で終わる。そうなるための物語であり体験。これはそのままこの世に生まれてきたことの訳。
そんなに単純に言っていいのかとも思うが、パラレルな関係にある。

意識の進化と現在日本に生きる意味。バーチャルなリアリティーとおたく。
バーチャルなリアリティといえば、この世はリアルなのか?
体験はリアルなのか?
何がリアルか。

現実ではないリアルを知ったとき、この世のこの当たり前の世界の成立の不思議、奇跡に気づく。
生があっての死、死があっての生。
どちらがリアルなのか。
どちらがメインなのか。

今生きて在る。


スポンサーサイト
■ Comment
>現実ではないリアルを知ったとき、この世
>のこの当たり前の世界の成立の不思議、
>奇跡に気づく。

自我にとっては一番恐ろしいことですよね。
覚者は勇者と言うにふさわしい・・・
2007/10/28(日) 19:51:21 * URL * マイタケ #-[編 集]
・自我を征服した者
が真に偉大であると聞きますが、そのためには自我を外側から把握する必要がありますよね。
それは自我のほころびがあるからこそそこへ向かう。それはこの世では負の属性とされること。

まあしかし、そんな大げさなことを言わなくてもその方向で進んでいけば、生きることがすごく楽になる。八正道は偉大であると思います。
2007/10/29(月) 00:04:00 * URL * シコオ #-[編 集]
・コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。