「シャンティ」はインドの言葉で「平安」を意味する。 「シャンティ」であるならばなにもいらない、完全な満足、そんな状態。普通に生活する中で、常にそうありたいものです。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 出雲
2006年12月05日 (火) 23:30 * 編集
物事が展開するときは、いっぺんに起こるものだな。
それは知っていたが、実際に起こる、起こり始めると目が回るような感覚に少し襲われる。
不安と、期待と、いろいろなものが入り交じった感じ。

なにか一つ物事が動けば、今までのものが吹き飛んでしまう。
全く別のものが展開を始める。
それが始まろうとしているような気がする。
というより始まっている。

全く個人的なことなので非常に抽象的なのだが、リアルが動いていることを感じる内面を記述するとこういう感じななる。

上の記述は少しおかしい。
リアル、内面。
二つに分けるのは便宜上だし、どちらが先というものでもない。
同時進行、それが、あるときは、出来事が先に現れるように感じるし、
内側、心が先に感じているように思うこともある。
けれどもあくまで同時進行。

懐かしくもあり、新鮮でもある、
不思議な感覚。

出雲の扉が開いたのかな・・
開きかけている。

そう思った。

スポンサーサイト
■ Comment
・コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。