「シャンティ」はインドの言葉で「平安」を意味する。 「シャンティ」であるならばなにもいらない、完全な満足、そんな状態。普通に生活する中で、常にそうありたいものです。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 大切なこと 2
2005年12月19日 (月) 00:14 * 編集
私が私であることに気付く時、私はもう出来上がっています。
この体を持ち、この心を持っています。既に私はあるのです。
私はこの体を選べません。私はこの心を選べません。私は親を選べません。
気付いた時にはこうなっているのです。
子どもを見ていると3歳くらいまでは動物です。親の助けが必ずいります。親がいなくては人間の赤ちゃんは大きくなれません。
3歳くらいになると、赤ちゃんは子どもになります。親の目は必要ですが、自分で自分のことができるようになって来ます。
それから幼稚園へ行き、小学校へ行き集団生活を送ります。中学校くらいで思春期を迎えます。私がこのような私であることに気付く時期です。非常におおざっぱに言っています。ずっと早くから私に気付く子もいれば、あまり私のことを意識しないまま大きくなっていく子もいるでしょう。どちらにしても私が私であることに気付くのは、ある違和感からではないでしょうか。何かが違うという思い、感触、なんらかの齟齬があるのです。だれしもそのような齟齬を感じる瞬間はあることでしょう。ただし健康であるならば、そのような齟齬は瞬間的なものであり、後を引かないものであります。反対に、齟齬が大きな人間、つねにそのような齟齬を意識している人たちもいます。
自らに対する齟齬と、他の人々に対する齟齬がおおきな人間は社会生活を営むのが困難です。困難な状況に陥った時人はその原因を探します。
「なぜ私は友達と仲良くなれないのか」
「何故私は苦しいのか」
私は他の人々と違っている、と感じます。周りのみんなは楽しそうにやっているではないか。
「何故私はこうあるのか」
「何故私は、この私なのか」
「何故私はこの体を持っているのか、なぜこの心を持っているのか」
回答のでない疑問がぐるぐるとループを描き心と頭の中を駆けめぐります。
そのような問いは、後悔の感情から発しています。暗い気持ちに落ち込んだのは、あの出来事が原因だ。あの時こうすれば良かったのではないか、なぜあのような反応をしてしまうのか。いつもそうだ。どこが悪いのか。その時我慢し抑えていた感情が溢れてきます。怒りや悲しみの感情です。
負の感情は負の感情を呼び込み、ループがとどまりません。

その中の幾人かはその原因を探る道を探します。心理学を学んだり、哲学を勉強したりします。そこに答があるように思うからです。
ある程度客観的に自分を眺められるようになると、そのような自分をコントロールする方法を覚えてきます。しかしあくまでも、コントロールされる自分は、既にそのように出来上がっている自分なのです
スポンサーサイト
■ Comment
・コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。