「シャンティ」はインドの言葉で「平安」を意味する。 「シャンティ」であるならばなにもいらない、完全な満足、そんな状態。普通に生活する中で、常にそうありたいものです。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ CD作り=バカボン
2005年08月03日 (水) 02:23 * 編集
CD製作第二弾は、バカボン。

「これでいいのだ」

この一言に尽きる。
2チャンネルのスレ 「精神世界で癒される」(リンクから飛べます)での道中語り合いから導かれた言葉。
スレ主、単、直さんにインスパイアされ作りますた。

1 矢野顕子  バカボン
2 THE BEATLES - ACROSS THE UNIVERSE
3 Janis Joplin -Summertime 
4 Janis Joplin - amazing grace
5 BEATLES W. JIMI HENDRIX - DAY TRIPPER (LIVE)   ブートなのでベスト版を
6 DOORS -JIMI HENDRIX AND JIM MORRISON- IN THE MORNING  同じく
7 Byrds - Eight miles high
8 NORMAN GREENBAUM - SPIRIT IN THE SKY
9 pink floid See Emily Play
10 細野晴臣 X 横尾忠則 ハム・ガラ・サジャン
11 エボニー・ウェッブ  ディスコお富さん   アナログ起こしをしたが、まさかCDがあるとは
12 Jazztronik Feat. Sandii - Tiki Tiki
13 ゴールデン・ハーフ チョットマッテクダサイ
14 中谷美紀  マインド・サーカス
15 DEREK TRUCKS BAND - JOYFUL NOISE クリシュナムルティの言葉を引用してます
16 忌野清志郎 仕草
17 ネーネーズ テーゲー(LIVE)
18 bob marley & the wailers  one love_people get ready (12mix)
19 (天才バカボンOP)天才バカボン アイドル・フォー

LOVE LIFE
矢野顕子

レット・イット・ビー Greatest Hits (Exp) Experience Hendrix: The Best Of Jimi Hendrix ベスト・オブ・ドアーズ 2000 (2CDヴァージョン) The Very Best of the Byrds Spirit in the Sky [Varese] Echoes: The Best of Pink Floyd COCHIN MOON (コチンの月) ディスコ歌謡コレクション キング編*ディスコお富さん TIKI TIKI フラワー・ポップス・シリーズ(4) 黄色いサクランボ~ベスト 食物連鎖 Joyful Noise GOD コザ~ベスト・コレクション ソングス・オブ・フリーダム 天才バカボン
     復刻 赤塚不二夫傑作作品集「天才バカボン」

スポンサーサイト
■ Comment
・テーゲー
コメントありがとうございます。
他のところにコメントしたのですが7月のだから気づかれないかも?と思ってこちらにも来ました。
こうり島(でしたっけ?)はいかがでしたか?
アダムとイブ伝説のある島でしたよね?
天からもちが降ってくる。
Mさんおすすめではない伊平屋島に行きましたがなかなかよかったです。
支離滅裂ですがテーゲー・・・
ではまた。シャンティ95のクリシュナ(?)の画像ナイスですね。
2005/08/11(木) 02:31:48 * URL * 古野SAWAKO #-[編 集]
・ようこそいらっしゃいませ
>アダムとイブ伝説のある島でしたよね?
>天からもちが降ってくる。
そうなんですか?知らなかった・・御嶽がホント鬱蒼としていた。海のきれいさに感激、珊瑚の死んだの拾いました。
伊平屋島行きましたよ、前回、97年元旦、初日の出を拝んでいたら、背後の山に2重の(3重だったかな)の虹が・・Mさんといっしょに見ました。
クリシュナは大きな声では言えませんが、インドのフィルムミュージックのバジャン集カセットからです。すごく気に入っています。
2005/08/11(木) 22:09:35 * URL * シコオ #-[編 集]
・もちが降ってきていた伝説
むかしその島には毎日もちが天から降ってきていて、そこに住む男女はそれを食べて何不自由なく暮らしていました。
ある日、男女は「もしもちがもう降ってこなくなったらどうしよう」と思って自分で食料を確保しなくちゃと思ってからはほんとにもちは降ってこなくなって、それからというもの男女は自分たちでなんとかしなくちゃならなくなりましたとさ。

と、こういう感じの(定かではないですが)話だったと思います。

伊平屋の虹、いいですねー。Mさんと一緒だったんですね~。あそこの岬のクバの木は一本一本が人間みたいな濃い意識をもってるみたいに感じました。ベビーカーを押して山をあがったんですが、「わー、みんなみてる~」と思ってちょっと緊張しました(笑)
2005/08/13(土) 23:14:35 * URL * 古野SAWAKO #-[編 集]
・500yenバイキング
素食やさん、わたしたちも連れて行ってもらいました。(その時は夫も一緒に)
あ、この話、2ちゃんねるのぞいて見つけました。
どれもおいしかったですー。

Mさんの家のシーサーが忘れられません。
なぜって、シーサーってどっちかが口を開けて、どっちかが閉じてるもんですけど、Mさんちのはどっちもあいてました。
しかも耳が長くてたれてた・・・・・・。

沖縄が本州と陸続きだったら日本中のホームレスはみんな沖縄に歩いてくるというMさんの話もなんか画像つきで潜在意識にインプットされました。
2005/08/13(土) 23:30:51 * URL * 古野SAWAKO #-[編 集]
・クバの木からヒトニグサのことを思った
諸星大二郎のヒトニグサという作品を連想しました。厨房の頃読んですごく怖かった。
http://www.momiji.sakura.ne.jp/~werdna/moroboshi/moro15.htm
2005/08/13(土) 23:46:18 * URL * シコオ #-[編 集]
>シーサーってどっちかが口を開けて、どっちかが閉じてるもんですけど
そうだったですか
2005/08/14(日) 00:15:16 * URL * シコオ #-[編 集]
・ヒトニグサ
コメントにヒトニグサの紹介ページがリンクされてあるのに今ごろ気づきました。
怖そうですね。。
2005/08/25(木) 12:06:20 * URL * 古野SAWAKO #-[編 集]
・コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。