「シャンティ」はインドの言葉で「平安」を意味する。 「シャンティ」であるならばなにもいらない、完全な満足、そんな状態。普通に生活する中で、常にそうありたいものです。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ CD作り=箱庭療法
2005年07月29日 (金) 00:35 * 編集
音楽CDを作るのが趣味だ。
箱庭療法とはこんな感じ http://www.f5.dion.ne.jp/~with/hakoniwa.htm
ただし箱庭療法を実際に行ったことはないのであるが、CD作りがその代わりになってきたような自覚はある。それはどんな方法かというと単に好きな曲を順番に並べていき、好みのCDを作るという話である。単にマイ・ベスト・CD作りということを、ちょっと大げさに言ってみてるだけの話でもある。昔はカセットテープで行っていた。好きな曲を順番に並べていく。
つなぎ目、曲間を調整するため、何度も早送り、巻き戻しを行い、音のレベルを調整し、次の曲の始まりを見計らって、何度も何度もやり直したりする。
その次は、ターンテーブル(レコードプレイヤー)2台と、CDプレイヤー(普通の)2台とミキサーを買って、テープを作っていた。これで曲間をつないだりできるようになったのでかなり幅が広がったような気がする。ただしこれはリアルタイム一発勝負なので途中で失敗したらやり直しがきかない。ターンテーブル2台持ってはいるが、ヒップホップDJのようなスクラッチはできないし、せいぜいリズムに合わせてつなぐくらいだ。BPMを合わせることも結局できないままであった。
私の好きな曲は範囲が広く、だいたいあらゆるジャンルを聞く。テープも気分に合わせて色々な曲を入れるので、リズムでつなぐより、曲の雰囲気、曲の終わりと始まりの感じ等でつなぐことが多いので、曲をかぶせることができることは非常にありがたかった。

今はこの作業をパソコン上で行っている。何度でもやり直しがきくし、音のかぶせ方も自由にできるので、非常に重宝している。しかし、今はもう音をかぶせたりしないで曲の並びを重視して作っているので微妙な調整しか行っていない。そんなに時間がとれないということと、音楽に対する執着が以前ほど強くなくなっているからだろう。

久しぶりにそんなのりでCDを作った。 2005.7.27

1   M. S. Subbulakshmi 01 More To Giridha Gopal インド声楽の巨匠
2  カザルス 08 白鳥(サン=サーンス) チェロの巨匠(小学校の給食時間を思い出します)
3  三橋貴風と尺八ゾリステンJr 月の光  尺八によるドビュッシー
4   ジェフリー・シーゲル  前奏曲 ト長調 作品32-5 (ラフマニノフ)
5  james galway 03 Reverie (Debussy)           
6   Slava 03 ave maria (Bizet)                  カウンター・テナー
7  川畠成道  前奏曲とアレグロ_プニャーニの様式による(クライスラー)
8  J.P.ランパル マルティーヌ・ジェリオ 魅惑の夜明け 
9  j.j.バルビエ  ジムノペディ (サティ)
10 David Sylvian - The Song Which Gives the Key to Perfection インド ヴェーダ?の詠唱
11 ラフマニノフ  02 Lilacs, Op.21, No.5   ロールピアノシートによる本人の演奏
12 tomita isao 04-Clair de lune(月の光) シンセサイザーの古典
13 ヤン富田  summer song  スチール・ドラムによるデイブ・ブルーベック        
14 cocteau twins 10 Donimo   ロック イギリス ニュー・ウェイヴ
15 Toumani Diabate and Ballake Sissoko 08-Yamfa アフリカ マリ コラ(ひょうたんで作った弦楽器)非常に透明な音 これは絶対おすすめ
16 les baxter 2-19 The Left Arm Of Buddha   エキゾティック

2, 5, 6, 7, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16
パブロ・カザルスの芸術Debussy for Relaxationベスト愛の悲しみカンファラフマニノフ・プレイズ・ラフマニノフ月の光MUSIC FOR LIVING SOUNDTreasureNew Acient StringsExotic Moods of Les Baxter
1. M. S. Subbulakshmi http://www.indo.to/log/archives/pickup.php?page=2
スポンサーサイト
■ Comment
・コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。