「シャンティ」はインドの言葉で「平安」を意味する。 「シャンティ」であるならばなにもいらない、完全な満足、そんな状態。普通に生活する中で、常にそうありたいものです。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ ワッショイ踊り
2008年02月06日 (水) 00:13 * 編集
林家三平・姫之宮ゆり ワッショイ踊り

レコードコレクターズ 2月号 「2007年リイシュー・アルバム・ベスト10/5」を見て発見しました。
林家三平といえば、リアルタイムで知っているわけではありません。
「スネークマン・ショー」のギャグ(林家マンペイ(でしたっけ)中国公演)で初めて知った世代であります。

「パンダは何食べてるのかな~」「ぱんだ、パンダ、パンダ・・」
ひそひそひそひそひそひそひそ
はー!はー!はー!(爆笑)

それぐらいの認識しか無かったのですが、92年頃ビデオを見たんですね。
これか復活! 昭和の爆笑王 林家三平!

すごいですね~。
すごいパワー。びっくりしました。
ビフテキ ビフテキ という言葉に時代を感じたのですが、いや林家三平凄い人です。

このビデオの中に「ワッショイ踊り 」が入っていて、これが凄く好きで欲しくて欲しくて堪らなかったのですが、このビデオから録音したカセットテープでたまに聞いていたのですが、最近はすっかり聞いてなかった~。お笑い風味のものをあまり聞かなくなってしまったからですが、突然目の前に登場したのです、この曲が・・・

いやー、いいですね~。
最高です。上のリンクから短時間ですが試聴できますので是非お試しください。

このCD、ほかの曲はいまのところいまいちぴんときていません。
ただ思うところは、日本語の歌だな~ということです。
昭和40年代には歌手とは歌のうまい人であったようですが、アイドルブームを経由して、歌を聴くということが日本人のなかである乖離をもたらしていたのだろうな、逆にある乖離が歌の世界に現れていたのかな~、なんてことを思います。

それは言葉とリズムの問題につながっていくように思います。

♪日本で生まれた 世界の踊りだ 誰でも踊れる ワッショイ踊りだ
 ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ

この曲の頭の 「サアー!」というかけ声は、ペレス・プラードに負けていません。

ワッショイ踊りの後は、Pérez Prado Caballo Negro を続けて聞きましょう。
スポンサーサイト
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。