「シャンティ」はインドの言葉で「平安」を意味する。 「シャンティ」であるならばなにもいらない、完全な満足、そんな状態。普通に生活する中で、常にそうありたいものです。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 生と死-1
2007年03月14日 (水) 23:54 * 編集
キューブラ・ロスが生と死は連続していると言ったのは、意識の連続性を語ったものだった(はず)。
死んでも意識は無くならない。
死ねば無になるのではない。意識は残る。死後の世界があるのではない。意識は残り、肉体に伴わない在り方に変わるだけなのだ、と言うことだったと思う(うろ覚えだな~)

自らの死を体験した人はいない。体験できるのは他人の死だけだ。
死にかけて帰ってきた人ならいる。臨死体験者だ。けれども彼らも実際に死んだわけではない。だからそれをもって死後の世界や、意識の連続性を語るわけにはいかない。それにも関わらず意識の連続性は確信としてキューブラ・ロスの中にあった。

人は無から生まれる。最初は精子と卵子、結合して受精卵となる。それが人の元。生命の元。細胞分裂を繰り返し、肉としての存在になる。
母親の胎内で大きくなり、母のおなかは膨れあがる。

長男の出産には立ち合った。
病院へ駆けつけると、「立ち合いますか?」「はい」立ち合うことになった。
白衣を着て帽子を被り、マスクをする。
妻が出産の苦しみで深い深い呼吸を繰り返している。
はー はー はー はー 
こちらの呼吸もいつしかそれにシンクロしていたようだ。
マスクをしているので呼吸が苦しい。
生まれるときが近づいてくる。
妻の苦しみがこちらに伝わってくる。

よく出産に立ち合っただんなが貧血を起こしたとか言う話を聞くが、
立っているのが非常にきつい。出来ることならしゃがみ込みたいが、妻がこんなに苦しみがんばっているのにそんなことは出来ない。
ずっと前朝礼中に気分が非常に悪くなり目の前が真っ暗になったことがある。目を開けているのに何も見えないのだ。
「おくさんがんばって」
助産婦さんが言っている。
はー はー はー はー
文字にすると同じだが激しさを増している。
きつくて気分が悪いのを我慢していたら、いつしか目の前が真っ白になってしまった。周りの声は聞こえているが、立っているのが精一杯、
ただ妻の手を握って立っているだけ。
「はいがんばって」

生臭いニオイとともに初めての我が子が生まれてきた。


スポンサーサイト
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。