「シャンティ」はインドの言葉で「平安」を意味する。 「シャンティ」であるならばなにもいらない、完全な満足、そんな状態。普通に生活する中で、常にそうありたいものです。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 女性・女系天皇を容認…有識者会議が一致
2005年10月27日 (木) 02:07 * 編集
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051025-00000013-yom-soci

 日本が本当に終えようとしている。
 先の選挙で自民党が圧勝した。郵政民営化も道筋をつけたし、強者のための政治が国民の支持の元に合法的に可能になった、という結果だった。
 もうだめポ・・・
 そう思った人も大勢いた。
 けれどもこれは主に経済的なものであった。「日本」という国の中で、グズグズになっていく、そういうものだと思った。
けれどもそうではなかった。文字通り日本が終わってしまう、そういう決定が今まさになされようとしている。
どういうことか?
「女系天皇を容認」
問題はそれに尽きる。
女性天皇は問題ではない。過去にも事例はある。推古天皇、持統天皇も女性天皇だ。
しかし、「女性天皇」であっても「女系天皇」ではなかった。
女系天皇は過去に一人として存在したことがなかったのだ。
それが、

小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長=吉川弘之・元東大学長)は25日の第14回会合で、安定的な皇位継承を維持するため、男系男子に限っている皇位継承資格者を女性皇族に拡大することで一致した。

女性天皇と、女性天皇の子(女系)の即位を容認するもので、11月末をめどにまとめる報告書に盛り込む。政府は、報告書の提出を受けて、来年の通常国会で皇室典範を改正する方針だ。


おかしくないか。
皇室、神道の専門家もいない私的諮問機関の決定に基づき皇室典範を改正するのは。
急ぎすぎだ。
結論が仮にこのようになるとしても、国の根本を決める重要な問題に対して、事を進めるのが急すぎる。
日本建国以来の歴史が一年にも満たない会合において決せられようとしている。
このまま行くと、案がそのまま国会を通ってしまう。
いいのかそれで。
建国以来の歴史をそんなに簡単に変えていいのか。
そんな責任を負えるのか。
本当なのか。
ちょっと信じられないものがある。
「我は破壊のために来た」
本当にそうしようとしている。
織田信長か。

今年、平成17年は、西暦2005年で、皇紀2665年である。
http://homepage1.nifty.com/gyouseinet/history/nengouichiran.htm
神武天皇元年から数えて2665年経っている。
神話に基づくとはいえ2665年の歴史が今変えられようとしているのだ。

それでは神話ではなく、歴史として、「日本」の国の始まりはいつになるのであろうか。
歴史の教科書で習ったことをおぼろげに思い出すと、約一万年前にこの列島が大陸から隔てられ、そこに住む人々が狩猟採集の生活を行って来た(縄文時代)、稲作が伝来し小さな国々が出来上がった(弥生~古墳時代)。その国々を統合して倭という国ができた。倭国の首長は大君と呼ばれこの国を統一していった・・・
邪馬台国の卑弥呼、倭の五王、聖徳太子・・
蘇我氏の横暴に天智天皇と中臣鎌足によって大化の改新がなされる。645年の事だ。
その後、壬申の乱に勝利した大海人皇子が天武天皇として即位する。天武元年、672年だ。
これらは連続した「日本」の歴史として語られている。

それでは「日本」はいつ日本になったのか、
(続く・・・)

この問題の参考になるページです。
http://www.geocities.jp/banseikkei/
タイトルの「天皇家の万世一系(男系)による皇位継承という伝統を守ろう!」
という主張に、賛成・反対を別にして,良くまとまっていると思います。

続きを読む...
スポンサーサイト
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。