「シャンティ」はインドの言葉で「平安」を意味する。 「シャンティ」であるならばなにもいらない、完全な満足、そんな状態。普通に生活する中で、常にそうありたいものです。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 上原知子 りんけんバンド
2005年06月30日 (木) 01:15 * 編集
りんけんバンドのライブを見た

結婚式の2次会が終わった後、“カラハーイ”に行った。りんけんバンドの音楽的拠点のライブハウスで、ライブを見ながら食事もできる、料理もおいしいということであった。同じく結婚式に招待された友達計4人で出かけた。ティンク・ティンクを見ることが目的だった。アルトのCMにでているのかな? ティンク・ティンクは週に6日間くらい出演していた。
8時半を15分ほど過ぎた頃、目的の場所に着いた。タクシーの運転手が場所を知らず少し迷ってしまった。入口に近づくとドラムとベースの音が響いてきた。懐かしい響きだった。ライブはもう何年も経験していなかった。
今日のライブはりんけんバンドだった。
ラッキーだった。(ティンク・ティンクも見たかったのですよ。旬の魅力が楽しめたはずです。) りんけんバンドは月に2,3回しかライブを行ってなかった。8時半開始なので既にライブは始まっていた。席も満席で立ち見で良ければ入場は可能であった。ワンドリンク付きで2000円、ラストオーダーは終わっていた。みんなお腹がすいていただろうが、どうせだから見ていこうということになった。私は一人でも見るつもりであったが、みんなといっしょに見れて良かった。
上原知子はネーネーズを教えてくれたOさんが一番好きな沖縄の歌手だったのではないかと思う。「No1は上原知子だね」と言っていたのを憶えている。
ライブハウスの客層は30代以上の人々が多いように感じたが、初老の方から子ども、赤ちゃんまでいた。前の方には、りんけんバンドサポーターと書かれたおそろいのTシャツを着た人たちが固まって座っていた。けっこう常連の人が多いような感じだった。

上原知子の歌が始まった。
うまい。すごくやわらかい。
ネーネーズのユニゾンのような微妙な揺らぎとバイブレーションはなく(一人だから)、背筋がゾワゾワっとはこないが、背中ではなく、胸に来る。胸一杯に暖かさが広がる。声のやさしさ、愛に、包まれる、胸がいっぱいに包まれるのを感じる。
愛は言葉にすることができません、でも感じることはできます。

バンドも長年ライブで鍛えているから、まとまりがあり、曲で、話で、芸で会場を盛り上げる。お客さんに還暦を迎えるなじみの人がいて、その人のちゃちゃとその受け答えが地元のバンドで、みんなに愛されていることを伝えてくる。

その日、6月25日は、上原知子さんの誕生日だった。記念に花束が贈呈された。

会場一杯に、愛が、胸の暖かくなる愛が満たされたライブだった。

ライブ終演後、店の前でファンとの交流の時間が設けられていた。
一番新しい上原知子のソロアルバム 『うまち』 を買ってサインをしてもらった。
「ああ、胸がいっぱいですごいです」と、訳のわからないことを、上原知子さんに言って、
「だいじょうぶですか」と声をかけられ、
「今日は知子さんの結婚式に出て、ここに来たら、知子さんの誕生日で、ちなみにうちの嫁さんもトモコといいます」と、ばかなことを言って、
「そうですか。奥さんを幸せにしてあげて下さい」
という、ありがたい御言葉を頂戴することができました。

次の日、車の中で聞いた 『うまち』 は、アコースティックで、やわらかく、ひじょうにやさしい音でした。

B0002J56ZIうまち
上原知子

by G-Tools

カラハーイhttp://www.rinken.gr.jp/index.html
上原知子http://homepage2.nifty.com/ryukyuko/html/shimauta-tomoko.htm
りんけんバンドhttp://homepage2.nifty.com/ryukyuko/html/shimauta-rinken.htm

細野晴臣'93年のCD『メディスン・コンピレーション MEDICINE COMPILATION』 7.マブイ・ダンス#2 MABUI DANCE #2 沖縄民謡仲島節 がアンビエントになっています。誰が歌っているんだと思ったら、上原知子でした。これが意識していいと思った最初の上原知子。今となってはめずらしくないかもしれませんが、衝撃でした。メディスン・コンピレーション
メディスン・コンピレーション

おすすめCD
琉球レアグルーヴ ~Shimauta Pops in 60's -70's
琉球レアグルーヴ ~Shimauta Pops in 60's -70's
http://www.polystar.co.jp/contents/release/data/2003_08/MTCH1056.html
http://homepage2.nifty.com/ryukyuko/html/shimauta-minyou.htm上から3枚目です。
スポンサーサイト
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。