「シャンティ」はインドの言葉で「平安」を意味する。 「シャンティ」であるならばなにもいらない、完全な満足、そんな状態。普通に生活する中で、常にそうありたいものです。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ アストラル・プロジェクション
2007年10月26日 (金) 00:25 * 編集
久しぶりにマイブログに来ました。自ら遠ざかっていた。見知らぬ更新があってびっくりしたが、一ヶ月更新されないブログに載るのだという。(今は消えているはず)

漫画ついでに次の本を紹介します。
『月の光』 (Beam comix)
marginal (著), 竹谷 州史 (著)

>時代を抉る鮮烈の体外離脱フィクション、完結!
>各書評で絶賛! 韓・仏・台・独と海外でも続々刊行決定の超話題>>作!
とのことです。
marginalとは狩撫麻礼のことです。カリブ海のボブ・マーレイをもじった?ペンネームの漫画原作者『ボーダー』で私の人生も狂いました。あちら側こちら側二元のまっただ中の世間の否定。青いです。
バブルがどういう時代だったか、この漫画を読むとよく分かります。バブルの時代にあってその時代を外側から眺めているからです。絵はたなか亜希夫、うまいです。

そうそう『月の光』です。
体外離脱を正面から取り上げたまんが。
この世(世間)になじめない、作者が境界上を生きるもの「ボーダー」から、現実を超える「体外離脱」へ。
どちらも結局は日常への回帰が真のテーマか。それは目的であり前提であり、物語の中ではそこへの帰還で終わる。そうなるための物語であり体験。これはそのままこの世に生まれてきたことの訳。
そんなに単純に言っていいのかとも思うが、パラレルな関係にある。

意識の進化と現在日本に生きる意味。バーチャルなリアリティーとおたく。
バーチャルなリアリティといえば、この世はリアルなのか?
体験はリアルなのか?
何がリアルか。

現実ではないリアルを知ったとき、この世のこの当たり前の世界の成立の不思議、奇跡に気づく。
生があっての死、死があっての生。
どちらがリアルなのか。
どちらがメインなのか。

今生きて在る。


スポンサーサイト
■ テレプシコーラ
2007年07月31日 (火) 00:43 * 編集
山岸凉子の漫画『舞姫 テレプシコーラ』を読んだ。
第一部全十巻。

悲しいですね。
物語の中にすっと入っていける。
久々に物語の中に入ってしまえる快感を味わいました。
リアルではないのに、物語の中の登場人物に共感できる。そのような語りを生むことが出来る。すばらしい才能です。

人生は悲しく理不尽である。
そういえば韓国で人気ある若い女優さんが自ら命を絶ったニュースがあったな。何ヶ月前、もう一年以上前かな。
若くきれいで人気があって、それでも命を絶つ人は命を絶つ。
若人の死は痛い。老人の死は穏やかですけど・・

知らない人の死は感じることが少ない。架空の人物の死でも悲しい。
自らの身内の死は悲しい。身内でも悲しみがあまりわかない人もいる。
その人にどれだけ関われたか。


山岸凉子は『鬼』で自らの何かにあるふんぎりをつけたように感じる。
自らの暗い部分を作品として昇華しえた。
読んでない人には何も通じないですね。
そういえば『ガラスの仮面』は続いているのだろうか。
姉妹の物語はつらいね。萩尾望都の『半神』とか。
北島マヤと姫川亜由美は魂の姉妹か。
山岸凉子も一族の巫女として二人の少女を選ぶというお話がありましたね。
花咲耶姫(このはなさくやひめ)と神岩長姫(いわながひめ)も姉妹ですね。

なんか『テレプシコーラ』を読んでしんみりしたことを書き記しておきたかった。

未読の人には理解不能であったでしょうが、何か感じることがあった方は是非是非お読みください。お勧めです。
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。