「シャンティ」はインドの言葉で「平安」を意味する。 「シャンティ」であるならばなにもいらない、完全な満足、そんな状態。普通に生活する中で、常にそうありたいものです。
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ 肉の世
2011年04月04日 (月) 23:47 * 編集
肉を生きているんだ。
スポンサーサイト
■ 肉
2011年04月04日 (月) 23:44 * 編集
肉だよ、肉
■ 手塚治虫
2009年01月31日 (土) 00:32 * 編集
NHKを見ました。
プレミアム10「手塚治虫 漫画 音楽 そして人生」

素晴らしかったです。
ジャングル大帝、リボンの騎士の音楽が富田勲で、素晴らしい音楽だったんですが、
元々手塚治虫自らが富田勲のところに電話をかけてきて、「作ってくれないか」と依頼してきたそうです。富田勲と言えば、「月の光」等シンセサイザー作品が有名ですが、「月の光」が1974年。ジャングル大帝が1965年ですから、それよりずっと前ですね。今日の料理の音楽をすでに作曲されているのですでに有名ではあったのでしょうが、素晴らしい人選です。

ジャングル大帝のオープニングは本当に素晴らしい。あの音楽、絵、そして色合い。日本で初めてのカラーのアニメとのことですが、あの時代でしか出せない色合い。アフリカの夢と動物の夢、人類と動物の共存共栄、ある意味あの時代でしか作ることの出来なかった作品ではないでしょうか。
ジャングル大帝のあの色味を見るとき、思い出させる連想させるのはマイルス・デイビスの作品「ビッチェズ・ブリュー」あのジャケット。時代は下りますが同じ空気を感じるのは私だけでしょうか。それは新しい何かが始まるときの始まりの色合いなのかもしれません。
その意味では富田勲の「月の光」、カラーは違いますが、始まりの胎動に満ちたアルバムではないでしょうか。YMOのファーストとか。この月の光は数多い月の光の中でもベストトラックの一つに数えられるのではないでしょうか。名演です。あの音のまろやかさは、番組の中で坂本龍一が「手塚治虫の描く曲線に音楽を感じる。音楽の優美さ柔らかさを手塚は好み、それがあの優美な線として現れた。手塚の描く動物、女性」(うろ覚えなので間違っていたらごめんなさい)

手塚治虫は仕事中に大音量で音楽を流し続けていたそうです。レコードをかけながら仕事をしていた。藤子不二雄Aがときわ荘時代ジャングル大帝の最終回のアシスタントをしたそうです。四畳半の部屋の中でレオや動物たちが山の中で吹雪に巻き込まれ皆死んでいき、ひげ親父だけが助かる、そのシーンの吹雪を延々と描き続けていたそうです。その時流れていた音楽が、チャイコフスキーの「悲愴」、狭い部屋の中で延々と描き続け、音楽が大音量で流れ続ける中、いつしか自分が漫画の中で遭難する探検隊になったかのような気分になり涙が溢れ出て止まらなくなったそうです。

音楽の中に入り込む。これが手塚治虫の漫画に描かれる音楽の表現のポイントだと思います。
それは音楽だけではなく、ロボットなどでも。手塚が小学生時代に描いた昆虫の絵があります。これが小学生の絵かと驚く上手さですが、それも対象に潜入することにより描かれたものであるからなんでしょう。

手塚治虫はLSDを体験したことがあったのでしょうか。その可能性は充分あると思います。昔はLSDも違法ではなく合法であったため、実験として摂取した著名人もいたそうです。(加藤清の本による)。その中の一人に手塚が入っていてもおかしくないけれども、それならそういうエピソードは漏れ聞くはずですが寡黙にして知りません。手塚の絵を見るとき、この人はノーマルなのか?と疑うような場面がたまにあります。「火の鳥」のロビタが溶鉱炉に入っていくシーンとかetc・・・。

でもそれはそうでなくても逆に不思議ではないのです。番組の中で坂本龍一が言ってましたが「手塚は多くの生と死を見てきた」戦争の体験者です。そして医者でもある。昔のドキュメンタリーの中で、手塚は3日間で3時間の仮眠を取っただけで原稿を書き続ける。3本の原稿を同時進行していく。それじゃナチュラルハイになってもおかしくない。

話が矮小化してしまったようです。
続きを書かないといけないようです。
■ 初詣 = ダルシャン
2009年01月04日 (日) 00:39 * 編集
あけましておめでとうございます。

ダルシャンとはインドの言葉で神あるいは聖者にまみえることを言います。聖者とは神様の代理、神の力がその方を通して現れる人のことですから力の源泉はあくまで神様です。元々は「視線の祝福」のことをダルシャンと言うそうです。私はもともとサイババの帰依者ですから、ダルシャンをサイババのところで知りました。サイババのところのダルシャンとは、サイババが朝夕ホールに出てくるのですが、その場時間のことを言っていました。インドの聖地でプージャをしてもらった時神官の方が「ダルシャン、ダルシャン」と言ってましたが、それは神の臨在を感じさせるかのようなプージャの後、いやプージャ終了後ではあったが、神様が強く感じられるその時に言われた言葉であったのでした。同じ時に「バクシーシ」と言って寄付を強要?されたのですが。

神様にまみえること、これは大きな祝福であり、それは大変な御利益を賜るものであります。だからこそインドの人々はダルシャンを求めるわけです。御利益とは物質的なものから、精神的なもの、色々あるでしょうが、よきものを求める気持ちに基づくものであります。

さて、初詣もその根底にはよきものを求める気持ちに基づくものであります。特別な信仰がないと答える人でも初詣には出かけます。初詣先の神社仏閣には神様仏様がおわします。初詣とは神様仏様に会いに出かけることでもあります。
■ 慈愛
2008年07月08日 (火) 23:29 * 編集
お通夜に行ってきました。父の友人の通夜です。
父が亡くなってもうすぐ9年になります。
その友人の方を私は知りませんでした。今もつきあいのある別の友人の方から連絡があってそれで行ってきたのでした。

御導師は浄土真宗本願寺派の方でした。40代くらいの若い方でしたが、声が大変素晴らしかったです。お経が非常に気持ちよかった。声に少しノイズが入っているというか、ひずみが入っているといおうか、よく通る響きのある声ですが、マイクを通じ流れてくる声が気持ちよい。60年代のポップス(モータウン)などのような、アフリカの楽器にはノイズを乗せるための仕組みがしてある、例えばコラのなかに蜘蛛の巣をいれてノイズを生むとか、なんかそういう系統の気持ちよさがあった、その声、お経には。
念入りに唱えられたので、気持ちよすぎてうつらうつらしてしまいそうになってしまう。

そういえば今回もそうだったのですが、焼香のときにお経を唱えないことが多いのですが、何故なんでしょうか。告別式の時は焼香の時にお経を唱えることが多いのですが、お通夜の時は唱えないことが多い。たまたまそのような時に当たっているのでしょうか。それとも宗派によって違うとかあるのでしょうか。

お経や祝詞は神様そのもの、仏様そのものである、きちんと唱えれば、と思っていますので、焼香の時の参列者の思いを神様仏様のところに導く、拠っては故人を導く標になると思いますので、できれば焼香の時もお経を唱えてもらう方がありがたい気がします。

式によって非常に痛い場合もあるので、その際は尚更お経が欲しいと思ったこともあります。

今回はしかしお経無しの焼香でしたが、気になりませんでした。既に唱えられたお経でそのようなバイブレーションで満たされていたのかもしれません。

お通夜が終わり帰る際に今回連絡をしてくれた方に挨拶して帰ろうとしました。
その横に同じく初老の方がおられてそちらに私のことを知らせていました。
全然気がつかなかったのですが、そちらも父の友人の方でした。9年前よりかなり老け込んでいて気づかなかったのですが、正面から顔を見たらすぐに分かりました。顔は知っているけれども名前は出てきません。ただその方は私の顔を見て、嬉しそうに「○○ちゃんね」と言ったのでした。それは非常な懐かしさと嬉しさ(来てくれたこと、会えたこと)が入り交じった呼びかけの言葉でした。その顔が本当に仏様のような顔で、嬉しさがダイレクトに伝わってきます。それはまさしく慈愛というしかない感情でした。それは多くの言葉によってつくられるものではなく、なんらかの策略(言葉が悪いですが)によってつくられるものではなく、純粋にその人が生きてきた軌跡が滲み出るただそれだけのものなのです。そのエッセンスに触れて人はありがたさを感じるのです。偽りようのないものがそこにはある。

久しぶりに慈愛に触れた。そう感じました。
* Top * Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。